sansinoh

増刊 乗ってら〜

19 6月

2004年6月

  • 6月19日(晴)

    15_2
    思いがけずの晴天。午前中、岩本山~西富士宮駅~袖野峠~桜峠~稲子の平維盛の墓と快走。芝川町は、良いフィールドだね。帰りの稲子川沿いは、涼風が気持ち良い。47km、3時間20分。
 

 

  • 6月5日(晴)

    35_236
    山梨県の木賊峠に行って来た。帰りの身延線の特急富士川の車内アナウンスが、富士宮市内に入った所で「日本一の富士山が、右手に見えます」と、紹介するほど素晴らしかった。
 

 

19 5月

2004年5月

  • 5月29日(晴/曇)

    07
    富士宮浅間大社~富士山スカイライン一合目~富士山麓線~富士愛鷹線~須津渓谷大橋~神谷。ヒルクライム、アップダウン、ダート、富士山、景色。74km。
 

 

  • 5月23日(雨)
    時間が空いた二日間だったが、雨に祟られた。芝川町の、平維盛の墓の棚田を見に行って来た。周辺は、田植えが終わっていた。これから定期的に行って棚田の変化を撮るつもり。
 

 

  • 5月15日(晴)

    28_2
    27_2
    朝7時30分に家を出て、夕方6時10分に帰ってきた。場所は富士宮口五合目である。水分補給が足りなくて、登りがばてた。帰りは1時間40分で帰れた。93km。
 

 

  • 5月2日(曇)

    09
    16
    安倍峠に出掛けた。身延町まで輪行、そこから豊岡梅ヶ島林道を登って行った。が、峠手前で工事車両が道を塞いでいた。一人のおっちゃん曰く、「通さない」との返事。ゲートを突破して来た都合上、そこで引き返す事にして身延町まで降りた。その後は、富士川沿いを家まで自走。久しぶりの85km。しかし、高橋Qちゃんの気持ち。工事車両に何回と無く追い越されたのに、一度も御咎め無しで、その場で判決されて鬱な気分。
 

19 4月

2004年4月

  • 4月18日(晴)
    00
    27
    だましのしまださんの還暦ツーリングに便乗させて頂き、伊東から鹿路庭峠と冷川峠に行って来ました。サイトを運営されている方と、お会いできて良かったです。これからも宜しくです。
 
  • 4月10日(晴)

    28
    五月晴れの一日だった。首の後ろが日焼けした。吉原の宿から道しるべを探しながら、富士宮の村山浅間神社まで村山道の古道をポタリングしてきた。しかし、探し物をしながらのポタは距離以上に時間を費やす。村山浅間神社の桜が奇麗。雰囲気が歴史を感じる。
 
  • 4月3日(晴)

    01
    51
    小田原から、箱根越えに行って来た。箱根新道の須雲ICを過ぎてから、石畳の旧街道を押しと担ぎで芦ノ湖に登った。箱根峠からは、県道20号を熱海峠まで走るが、風が強くて、思うように走れなかった。函南駅から輪行して午後5時過ぎには帰還した。
 
18 3月

2004年3月

  • 3月27日(晴)

    12_2
    23
    富士宮から袖野峠、桜峠を越えて、芝川町の上稲子の天子の七滝までポタして来た。上稲子の空気はまだまだ冬たが、梅の花が春を感じさせていた。57km
 
  • 3月21日(晴/曇)
    朝、見えていた富士山は雲に隠れたけど、御神幸道を探しに山宮浅間神社までポタリングして来た。38km
 
  • 3月13日(曇/晴)

    20_2
    26
    湯之奥猪之頭林道へ行って来た。昨年の10月に訪れているので不安は無く、雪が見えたら引き返せば良い気持ちで登って来た。雪自体はほとんど無く、工事も行われていないので10月の時より気持ち良く下部側は下れた。それに輪行袋を携帯しているので気楽であった。下部駅で一時間の待ち時間が有ったが、家の自家風呂で汗を流して気持ちが良かった。ただし、富士山には恵まれなかったが。
 
  • 3月6日(晴)

    14
    11_2
    雨は朝には、止んでいた。担ぎ、押し、向かい風の中、須津渓谷大橋に行ってきた。途中で、寒桜を見つけた。完走時間5時間、44km
 
18 2月

2004年2月

  • 2月8日(晴)

    18
    31293335
    富士山日和。
    身延道
    富士宮から袖野峠~桜峠~地蔵峠(石神峠)~天子湖の身延山道。芝川町の稲子から峠まで登り35分、下り15分程で天子湖に降りた。ここから佐野川沿いに身延線井出駅方面に走る計画だった。天子湖の柿元ダムの堰堤でおむすびをたいらげ、道まで自転車を上げると井出駅方面に全面通行止めの看板。それでも自転車なら何とかなると思い走り出す。ところが5km程行くと再び全面通行止めの看板。その先を見ると土砂が全面道を塞いでいた。さすがに通る訳には行かない。時刻は午後3時を過ぎて、どうしようかと思いながら戻る。まさか佐野峠を登る訳にも行かないので、ここは状況がしっかりしている来た道を引き返すのが常道と考え、再び地蔵峠を登り返す。それでも稲子に40分程で舞い戻り、午後4時5分。ここから21kmの道のりを午後5時丁度に家に帰りついた。
    完走時間7時間、実走行時間4時間30分、58km
 
18 1月

2004年1月

  • 1月31日(晴)

    11
    20
    修善寺駅まで輪行して戸田峠から達磨山(982m)へ、その後は真城峠を越えて海岸線を富士まで自走。富士山は霞みに隠れていたが時々頭を覗かせてくれた。今日は風が穏やかで、稜線に出ても寒くは無かった。
    修善寺駅から完走時間6時間30分、実走行時間4時間20分、76km
 
  • 1月25日(晴)

    07

    朝は富士山日和だが、昼過ぎから雲の中に。
    家から一番近い峠、大代峠に五ヶ月ぶりに出かける。その後、由比町の農道を登って探索して来る。まだまだ、未知の道がわんさと有りそう。
    完走時間3時間30分、35km
 
  • 1月18日(晴)

    12

    今日は由比町の薩捶峠に出かけるつもりだったが、富士山が出ていないなら雪の西山本門寺へと思い、そちらへ行って来た。
    完走時間3時間、32km
 
  • 1月11日(晴)
    雲に隠れていた富士山だが、昼前から雲が切れて来た。
    初乗り

    07_2
    24
    岩本山(193m)、明星山(223m)白尾山(220m)と低山三つを登ってきた。どこも駐車場が頂上直下まで有るので、そこまで乗って行ける。あとは散歩者に気を付けて、乗車したり押したりして頂上まで。しかし、どこも頂上は広場のようになっているので頂点は無い。富士山の眺望はどこも○。
    TOPの画も今日の梅の岩本山。
    完走時間4時間、実走行時間2時間30分、36km
 
15 12月

2003年12月

  • 12月29日(晴)
    愛鷹林道

    0207_223
    ツーリング納めとして、九月以来の再訪となった。登りはゲートの手前からダートとなり押して行く。ゲートを過ぎてから道端に白い物がちらほら。春山川に架かる由之谷橋からは、かなり雪が積もっている所が有る。春山林道へのゲート前からは乗車率も高くなる。景色の良い所も有り駿河湾が眺められるようになる。愛鷹林道支線のゲート前の広場でおにぎりをほうばり、しばしの休憩となる。
    ここからは下り基調となり前回はほとんど乗車していたが、今回はここから残雪個所が多くなる。前から来るオフロードバイクにも気を使いながら下がる。タイヤは無理無くペダルを漕げばスリップはしないが、それでもシャーベット状の所では押して行く。
    足高橋からは登りは無く雪にだけ注意して行く。沼津側のゲートまで残雪が有り、ゴルフ場の横の道も一箇所危ない所があった。帰りは強い西風を浴びながら帰還した。
    完走時間7時間、実走行時間4時間32分、62km
 

 

  • 12月24日(晴)
    金丸山と大丸山(572m)

    16_230
    金丸山は広場から歩いて山頂まで登り、大丸山は鉄塔の保守道を自転車で登った。登りの勾配はかなり急で押して行った所も有ったが、天気も良くて富士山も眺められた。なにより、はたご池からの清庵自然道が整備されていて、展望台も多い。蒲原町側から登った方が楽かも。

    完走時間4時間30分、実走行時間2時間32分、27km
 

 

  • 12月7日(晴)
    犬巻峠

    12
    16_3
    6月以来の再訪となった。気候も良く登りでは汗を掻き、下りでは空気の冷たさを感じながらの走りだった。富士山の見える所では眩しいほどの姿だった。
    完走時間4時間45分、実走行時間2時間56分、52km
 
15 11月

2003年11月

  • 11月23日(晴)
    芝川水系発電所紀行

    18

    静岡県サイクルツーリングガイド#4に載っている芝川水系と西山本門寺の銀杏を見に行って来た。ガイドに従って記録を取りながら走ったので、 ポタ以上に時間が掛かった。それと道が判りにくく戻ったりした。いつも県道75号沿いに走っていたので、芝川の対岸は田舎の風景が満ち溢れていた。あいにく富士山は、ほとんど雲に隠れていて残念。
    完走時間5時間5分、実走行時間3時間5分、51km
 

 

  • 11月16日(晴)
    西天城高原線

    2824
    修善寺までは自走で狩野側の東側の県道349号を風早峠への登り口の県道59号までアップダウンの効いた道を行く。田舎の風景が似合う天城湯ヶ島町だ。風早峠へは県道59号が通行止めとなっているので車が少ない。途中修善寺から来た3人組と共にする。彼らは峠まで行かないので先を急ぐ。
    中外鉱山を過ぎて勾配は急になり押して行く事もある。高さを稼ぐと汗が冷えてきて体を拭く事になる。風早峠では名の通り風が強い。さらに仁科峠への登りを行くが勾配10%の標識が。仁科峠ではさらに高い所まで歩いて行く。そこでデジカメを撮るが風が強くてうまく撮れない。再び引き返して風早峠から船原峠(土肥峠)への西天城高原線。ここもおアップダウンが有り登りは10%の標識が。しかし徐々に高度を下げて行く。船原峠へは以前来ていたが今日は天城湯ヶ島町へと下る。国道136号の渋滞の横を気を付けて擦りぬける。今日は修善寺駅から三島駅乗り換えで富士まで輪行した。
    気温は暖かったが、山の上は雲が掛かり期待していた富士山が見れず残念。
    富士~修善寺駅完走時間7時間30分、実走行時間5時間50分、103km
 

 

  • 11月2日(晴)
    佐野峠ツーリング

    22
    21
    南部町に有る佐野峠に出かけた。3週間ぶりとなるツーリングだが、ちょっと体が重い。内船駅からマイペースで急勾配の山道を登る。かなり急勾配で峠まで半分を押して行く。峠に着くと富士山が雲に隠れている。ここに来て富士山が見えないと何にもならない。それでも周辺を撮っていると雲が切れてきた。おにぎりを食べながら、しばらく様子を見ていると、何とか富士山が見えてきた。帰りは西乗林道で天子湖方面へ降りて行く。こちらは勾配は緩いがダートが続く。山腹の紅葉が見える。天子湖で堰堤に降りてくる。ここから長い林間道路を走る。途中で井出駅に降りる所を通過してしまい、内船駅まで戻ってしまった。当然、家まで自走で帰ったが、ちょっと遠回りになった。
    完走時間7時間45分、実走行時間5時間11分、82km
 
15 10月

2003年10月

  • 10月11日(曇)
    浜石岳(707m)

    11_2
    17
    由比町の浜石岳にツーリングしてきた。もう少し遠くに行こうと思ったが、天気の具合と朝は風が強かったのと朝寝坊した為に、頭にあった目的地にここにした。空は雲に覆われていて陽射しこそ無いが富士山は隠れる事無かった。山頂には二組のハイカーだけでデジカメを撮るに不便は無かった。
    帰りの下りで押して登るMTBと擦れ違う。同じ道を下った訳だが、ここの下りには道の正面に現れる富士山が登りとは別の風景を見せてくれる。由比町の薩捶峠に出かけた時には、浜石岳にも足を延ばしたらどうか。
    完走時間3時間40分、実走行時間2時間30分、35km
 

 

  • 10月3日(晴)
    湯之奧猪之頭林道

    07
    1637_2
    山梨県下部町と富士宮市猪之頭を結ぶ。朝の富士山は雲に隠れ気味だったが、猪之頭側から登り始めて頭が見えてくれた。猪之頭側はパラグライターの飛行や富士山の写真を撮る人のビューポイントとなっている。途中、見晴しの良いポイントでは狭いが駐車スペースも確保されている。路面の良い猪之頭側に比べ下部町側は工事区間が多く路面も荒れている所が多数有る。それに時間規制されているから山梨県庁から調べて行く事が必要だ。ここは閉鎖されると再開は5月以降となるようだ。帰りは下部から富士川左岸のアップダウンとダンプに悩ませられながら帰還。
    完走時間7時間50分、実走行時間5時間50分、97km
 
15 9月

2003年9月

  • 9月27日(晴/曇)
    大代峠
    道の駅「富士川楽座」から富士川町の室野に上がり富士山の画を撮ろうとしたが、雲が広がって頭しか出ていなかった。富士川河口を撮って第二東名工事現場の横を過ぎたが、ここは今までの道が無くなっていた。代替に鉄の道にアスファルトを敷いてあったが、将来どこを通すつもりだろうか。その後に7イレブンの所から大代峠へ。峠で頭だけの富士山を撮って由比町に下りて富士川河口経由で帰還。
    完走時間2時間20分、実走行時間1時間58分、34km
 

 

  • 9月19日(晴)
    愛鷹林道

    14
    34
    朝の天気予報だと降水確率一日0%なので、富士市から沼津市にかけての愛鷹林道に出かけた。下は一日天気が良かったようだが愛鷹林道にはガスがかかり、せっかくの眺めが望めなかった。それとwebで情報を集めていたが予想より道が悪かった。なにしろチェーンで閉鎖してある程だから。たぶん今年の雨と台風の影響だと思うが。それでも乗れない所は押しで時間がかかったが無事沼津市側に下りた。しかしこの道はもう走らない。乗車率が低いから。
    完走時間6時間25分、実走行時間4時間53分、68km
 

 

  • 9月5日(晴)
    大代峠
    今日は、空気が澄んでいて富士山が一日見えていた。時間があったので由比町の大代峠に行ってきた。
    峠の富士山の画をアップしてあります。
    ところでペダルを漕ぐごとに異音がする。止まって確認するが分らない。しかし峠に着いて下るときに、もう一度自転車をいじると後のクイックレバーが緩かった。締め直して下ったが、その後は異音が出なかったから大丈夫だと思う。
    完走時間1時間50分、実走行時間1時間34分、30km
 

 

  • 9月3日(晴)
    炭焼平山林道(750m)

    29
    33
    静岡市に位置する竜爪山のアプローチとなる炭焼平山林道に行って来た。峠には竜爪穂積神社が有り、ここまで車で来て竜爪山まで250m足らずを登ってしまうことも出来る。 清水の興津川の黒川の「やすらぎの森」から登って、静岡の平山に下りた。
    しかし、今日は暑さがきつくて水分を余分に持って山に入ったが、途中の長寿の水の湧き水が美味しかった。
    完走時間7時間5分、実走行時間4時間57分、87km
 
プロフィール

sansinoh

三振王
カメラを持ち景色を撮りに、自転車に乗り、歩きます。



Copyright(c)2002/8-2022 sansinoh


3コラム右ブルー

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ