sansinoh

増刊 乗ってら〜

2022年07月

30 7月

7/30 新富士川橋

晴れ空。
風は吹く。
湿った空気。
午後に、コロナ4thが有るので、歩き。
DSCN2656
河川敷に下りて、新富士川橋へ。
風を感じれれば、涼しいが、陽ざしが熱い。
DSCN2659
新富士川橋の下は、日陰で気持ち良い風が通る。
一往復して、帰路へ。
歩数 10600、7㎞。

さて4thへ。
個人医院でファイザー。
時間前には、玄関前に10名ちょっと待っている。
子供が多い。(高校生かな)
接種後に待機者を確認したら、子供が六割、高齢者が四割。
次の時間帯の人も来たので、駐車場は満車だった。

明日は、家でごろごろだね。
29 7月

7/29 半野の田んぼ たていしまで

晴れ空。
空には、雲が浮かぶ。
陽ざしが暑い。
今日は、たていしへ。
朝8時30分発。
P1020290
富士川の流れは、泥流。
木陰は、涼しい。
松野から芝川駅。
登り坂は、すでに夏の陽気。
柚野へ。
国469号を登る。
路面に、水が出ている所が有るが、木陰を登れる。
狩宿へ。
暑いので、木陰でプチ休み。
P1020300
P1020293
狩宿は、田んぼの定点。
白糸の滝へ登る。
駐車場は、一割ほど。
P1020312
P1020315
P1020310
富士山が見えるので、展望台へ。
昼前だと滝壺に、陽ざしが当たらない。
たていしの自販機で給水。
ボトルには補給もする。
帰路へ。
P1020317
P1020321
半野の田んぼへ。
P1020331
富士山に、雲が絡んで来た。
P1020335
半野の桜の葉は、だいぶ空いて来た。
雌鶏橋へ下りて、柚野、芝川駅経由で帰還。
熱風の南風。
午後0時10分着、53㎞。
28 7月

7/28 雨は大丈夫か 清水港

晴れ空。
風が吹く。
湿った空気。
山方面に雲が掛かるが、前日より小さい。
雨の心配が有るが、清水港へ。
朝8時15分発。
いつもより早い。
新富士川橋を渡り、西へ。
追い風と思うが、ペダルが回らない。
興津川河口では、波乗りが少ない。
一葉橋から、湾岸道路の歩道。
清水港の定点。
いつもより早い。
DSCN2630
DSCN2643
DSCN2647
DSCN2635
DSCN2640
大型の遊覧船が帰って来た。
富士山は、頭が見える。
DSCN2642
DSCN2649
山方面には、厚い雲が掛かっている。
雨雲が大きくなる前に、帰ろう。
興津川河口からの、国一号の上り線は、工事渋滞だった。
浜石岳を境に、雨雲が消えた。
午前11時20分着、55㎞。
27 7月

7/27 新富士川橋まで

26日、朝から雨。
昼過ぎまで、かなりの大雨の時が有る。

27日、雨。
雲り日と思ったが、雨。
止んだり降ったり。
歩く。
外に出たら、雨が降りだした。
大きい傘に換える。
DSCN2622
止んだと思ったが、また降りだす。
道路の水溜まりを避ける為に、河川敷へ。
DSCN2624
何度か、傘を畳んだり広げたりして、新富士川橋。
車で来て、歩く人が居る。
夏は陽ざしを避けられるので、高齢者の運動場所。
橋の下に着いたら、大きな雨音。
DSCN2625
一往復してから、止んだ所で帰路へ。
傘が乾いたと思ったら、雨。
家まで降った。
歩数 10400、7㎞。
25 7月

7/25 早川沿い

24日、晴れ空。
風は吹く。
いくぶん涼しく感じる。
体から休めのサイン。

25日、晴れ空。
風は吹く。
陽ざしはキツイが、木陰は涼しさを感じる。
久しぶりの歩き。
早川沿い。
土手より歩道。
木陰も有るし。
20220725_093117
親子ガモを発見。
これ以外、カモは見なかった。
道の駅富士で帰路へ。
出来るだけ、木陰を選ぶ。
歩数 10300、7㎞。
帰ってから、家の外仕事をやる。
プチだが。

今朝は、地震が有った。
直下型なので、近い程揺れる。

昨夜の大河ドラマ。
中村獅童演じる、梶原景時。
上洛途中で、興津の清見寺辺りで戦闘になり、梶原山で終焉を迎えた。
梶原山公園の謂れに納得。
景色の良い名所。
国宝の日本刀で(狐ヶ崎)、これにより殺害されたようだ。
狐ケ崎の地名の謂れも、梶原景時に起因していた。
23 7月

7/23 やっと今月分の 田貫湖へ

22日、雨の朝。
かなりの大雨の時が有り、BS放送が見れなかった。
止んだら陽ざしが暑い。
家の外の事をやる。

23日、晴れ空。
風は吹く。
昨夜は暑かった。
自転車に乗るが、今月は田貫湖に行って無い。
ので、田貫湖へ。
朝9時10分発。
松野経由で芝川へ。
木陰は涼しいが、それが途切れると陽ざしが暑い。
芝川からの登り坂。
前変速の具合を見ながら。
柚鳥富士コースへ。
富士山は雲の中。
柚野から狩宿へ。
DSCN2587
たまには下馬桜。
DSCN2590
こちらは、井出邸。
トラス橋を渡り、たていしへ。
たていしで給水。
午前11時10分。
2時間掛かった。
今日は、田貫湖へ。
坂を登り、半分過ぎた辺りで、11時半の路線バスとすれ違う。
田貫湖は、北岸へ。
DSCN2593
駐車場は満車。
DSCN2617
南岸のテントサイト。
DSCN2605
DSCN2613
釣り人が多い。
歩く人も居る。
人と接触しないように、遊歩道は回らず。
帰路へ。
たていしで、二度目の補給。
雌鶏橋へ下りて、柚野、芝川駅経由で帰還。
途中の松野で、再給水。
午後1時20分着、64㎞。
21 7月

7/21 大石寺 馬見塚

晴れ空。
風は吹く。
昨夜は蒸し暑かった。
エアコンが効いているが、3時間ほどで眼が覚める。
その後は、朝まで眠れたが。
今夜から雨予報。
今日も自転車に乗る。
朝9時40分発。
たていしを目指す。
松野から芝川へ。
途中の県道で、木の伐採をしていた。
片側規制。
芝川駅からの登りで、すでに音を上げそうになる。
DSCN2556
柚鳥富士コース。
柚野の田んぼも蒼い。
この先は、大石寺へ行き馬見塚とする。
DSCN2561
DSCN2563
大石寺。
陽ざしが暑い。
激坂を下る。
馬見塚の蓮。
見学者は、一組。
DSCN2570
DSCN2572
DSCN2576
DSCN2583
まだまだ、蓮の花は咲いている。
帰路は、西宮、岩本山経由。
向かい風が熱い。
午後0時35分着、40㎞。
20 7月

7/20 暑くなりそう 清水港

19日、朝から雨。
大雨も降ったが、線状降水帯には掛からず。

20日、雲が多いが、陽ざしが有る。
風が吹く。
平地ランで清水港へ。
朝9時半発。
富士川橋を渡るが、すでに体が重い。
マイペースで、行こう。
風は向かい風なのか、はっきりしない。
DSCN2523
由比への踏切り。
DSCN2527
DSCN2530
興津川河口。
波乗り。
一葉橋では、橋の下の点検中だった。
もくもくと、ペダルを漕ぐ。
DSCN2535
DSCN2545
DSCN2548
DSCN2552
清水港の定点。
同じ時刻に着くので、同じタイミングで通学船が入って来た。
DSCN2554
人が居ないので、ドリプラデッキ前。
帰路へ。
湾岸線の歩道を走る。
風が気持ち良いので、向かい風だろう。
陽ざしは、雲を透かせて当たる。
午後0時半着、55㎞。
18 7月

7/17 一万歩 早川沿い /18 たていしまで

17日、昨夜は、大雨となった。
朝は止んでいた。
NHK-BSの、Eクランプトンも無事に録れていた。
朝は小雨が降る。
歩くしかない。
早川沿いへ。
畳傘を持つ。
早川に出たら、雨粒が落ちてきた。
水量が少ない。
上で門を閉じたようだ。
法面の草は、倒れるほどだった。
DSCN2466
用水路への水門。
DSCN2473
カモが法面から、半分ほど水面に。
桜の木ではセミが鳴くが、姿は見えず。
国一号を道の駅富士へ。
ここから帰還。
陽ざしが出て来た。
歩数 10800、7㎞。

18日、朝起きたら、小雨が降っている。
駿河湾奥に、雨雲が広がる。
朝飯を済ませて、再確認すれば雨雲は抜けた。
曇っているが、自転車に乗る。
たていしへ。
朝9時35分発。
松野経由で芝川へ。
路面は濡れていない。
休日なので、ダンプも走らず。
芝川駅から登る。
柚野へ。
DSCN2486
DSCN2481
田んぼの緑が綺麗だ。
富士山も頭が見える。
とりあえず撮る。
狩宿へ。
車が追い越す。
青空が見え始めた。
DSCN2488
DSCN2495
DSCN2498
狩宿の田んぼの定点。
白糸の滝へ登る。
駐車場は満車。
コロナより三連休。
屋外だから大丈夫。
たていしの自販機で給水。
田貫湖からの、路線バスが下がって来た。
11時40分。
帰路へ。
DSCN2509
DSCN2511
半野の田んぼ。
こちらも緑の田んぼ。
DSCN2521
DSCN2519
雌鶏橋へ下りて、大石寺が見える田んぼへ。
下条、西山、芝川駅へと下り、帰還。
陽ざしが出ると暑い。
午後0時55分着、53㎞。
16 7月

7/16 一万歩 早川沿い

14日、昨夜の雨は止んでいた。
雨が降って来そうな、曇り空。
夕方まで、降らなかった。

15日、朝から雨。
たまに、雨音が大きくなる。
夕方には止んだ。

16日、曇り。
路面は、湿っている。
風は弱い。
歩かないと病気になりそう。
なので、歩く。
畳傘を持つ。
空は明るい。
しばらく歩くと、雨が落ちてきた。
早川沿い。
子カモの姿が見えない。
道の駅富士まで歩く。
ここで帰還へ。
この後は、傘は使わず。
歩数 10200、7㎞。

昼前からかなりの雨量。
遠くでは、花火の音が聞こえる。
プロフィール

sansinoh

三振王
カメラを持ち景色を撮りに、自転車に乗り、歩きます。



Copyright(c)2002/8-2022 sansinoh


3コラム右ブルー

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ