ラジオのパーソナリティーは、盛んに今日は行楽日和と騒いでいます。
外を見れば、雨が上がっていますが、路面は濡れています。
どうせ時間も遅いですが、行って見たい所へ。
興津川奥の、炭焼平山線の紅葉と富士山ですが。
昨年から、通行止めだった工事区間も開通しているようです。
久しぶりに、静岡市瀬名から登ります。
新富士川橋を9時15分に渡って行きます。[E:cloud]/[E:sun]
GoogleMapsのコース。
空からは、まだ雨粒が落ちて来そうな雲行きです。
西の空は、少しだけ明るいかも。
由比へ走れば、一気に青空と陽射しですが、雲は一向に取れません。
興津川を渡り清水駅方面へ。
駅手前から、国一号BP方面へ。
BP高架下を西へ。
瀬名ICの高架下から、平山方面へ北上します。10時30分
途中の、コンビニ(k)でエネ補給。
山は、厚い雲です。

01
長尾の第二東名工事現場では、下り側の工事が始まっています。
平山の集落を過ぎれば、フロントもインナーへ。
後は、リアだけちょこちょこ変えますが、それもすぐにロー固定です。

02
炭焼平山線入り口の看板からは、一気に高度を稼ぎます。11時15分
農道迂回への標識も有りません。
登山道入り口の鳥居前は、相変わらずの満車です。
先を急ぎます。

03
もう少し登れば、下界が開けます。
曇りですが、市街地は晴れているようです。
先ほどから、ずっとインナーロー固定で登ります。
農道の分岐点へ。
ゲートは、いつものように閉められています。
工事箇所は、解りませんでした。
東へ登り、西へと折り返します。
ここから、勾配もキツメに。
何とか、頑張れば、ガードレールの赤いマーキングで止まりましょう。
富士山展望台へ。
富士山は、雲に隠れていました。
結局、雲は取れませんでした。
綿雲のような、白い雲が印象的ですが。

Panorama_2 
もう一箇所、展望台が有りますので、そちらにも。(↑クリック大

04
15分ほど滞在して、何とか天辺だけ覗きました。

05
アップダウンをこなして、龍爪穂積神社へ。午後0時35分
今日は、下りません。

Mtb
ここに、MTB部の入り口が有ります。
黒川へ下りますが、落ち葉と濡れた路面で、じわじわと下りて行きましょう。
いつもなら、紅葉が映えますが、曇り空では駄目ですね。

06 07 08 Kouyoh
四季桜が、イルミネーションにように見えます。(↑クリック大

09
路面に気をつかい、黒川キャンプ場へ。1時15分

10
お昼は、(ス)亭と決めているので、興津川沿いを走ります。
県道で、但沼の交差点から、国52号へ。

11
立花入り口から、立花橋を渡り興津川左岸へ。
向かい風です。
サッタ峠には、向かいません。
国一号自転車道の途中の、(ス)亭で桜海老天蕎麦。2時15分
後は、富士川河口へ。
新富士川橋を渡り帰還。
午後3時10分、90km。
終始濡れた路面の為に、自転車は汚れました。
洗濯をしながら自転車を拭けば、すっかり日は落ち、空気も冷えて来ましたね。
3クオーターのパンツも、そろそろ長パンツかな。
今年の、炭焼線からの富士山は空振りでした。
安倍峠からの富士山は、制覇したので、来年の課題です。
しかし、この激坂をフロントダブルで登る、皆さんはエライ。