富士山が綺麗だから走った距離は、123km[E:sun][E:cloud]。
GoogleMapsのコース。
今朝は、月一の朝の奉仕活動。
家に帰れば、出かけなければならない程の、富士山が見える。
朝9時丁度発。
鷹岡、西富士宮駅、青木坂。
雌橋からの熊久保の坂へ。
前を、赤車が走って行く。
いきなり、ダウンシング。
こりゃ、見なかった事にしよう。
一登りした所で、先ほどの赤車が止まっている。
軽く挨拶をして、ゆったりと先を行かせてもらう。
ぜんぜん、追い越されないので、引き返したのかも。
その先で、今度は青ジャージの御仁。
私と、ほぼ同じペース。
たていしの手前で、追い越して、たていしで自販機給水。
日影が気持ち良いが、猪之頭に入ると、さすがに気温の低さを感じる。
国道の(K)で、トイレ、エネ補給。
歩道を走りながら、横目に富士山を窺がう。
連休の翌週は、出かける車が少ないと思ったが、今日は車が多い。
県境から車道へ。
芝桜渋滞は、静岡側は無かった。
芝桜の入り口から、山梨側は渋滞が続いていた。
その渋滞は、精進湖の入り口まで続いていた。
本栖湖入り口から中之倉トンネル前へ。
湖畔は、気持ち良い新緑。

Imgp0032
トンネル前へ行けば、うっすらと逆さ冨士。
お客さん多数。

Imgp0048 Imgp0049
前回もそうだったが、途中のこの辺の方が逆さ冨士が映る。
松風で補給しようと思ったら、休み。
先を急ぐ。
ロードが、ばんばん走って来る。
車道は、車が多いが、時計回りは走り易い。
精進湖の入り口まで、反対車線は車が繋がっていた。
精進湖へ。
下へ降りて見る。

Imgp0064 Imgp0069
湖面には、カヌー教室の艇がいっぱい浮かんでいる。
沈しているのも見えるが、今日は冷たくなかろうか。
西湖へ向かうが、その前にヤマザキでエネ補給する。
このまま、家まで帰るつもり。
西湖へは、ちょっと登り。
国道を別れれば、道は空いている。
西湖は、富士山ポイントが少ない。

Imgp0089
唯一の定点。
観光トイレも使って見る。

Imgp0093
河口湖には行かずに、ぐるっと回って南岸へ。
富岳風穴まで登れば、国道。
なるさわから、富士ヶ嶺へ。

Imgp0098
新緑が綺麗な所は、秋には紅葉が綺麗だ。

Imgp0097
M部の、入り口発見。

Imgp0101
本栖湖展望台までの間に、すっかりと曇り空。
Wブレーカを、着込んで出発。
着込んだWブレーカは、(標高)900mほど下って脱ぐ事になった。
富士ヶ嶺のJAは、パスしてそのまま、どんどこと下って行こう。
芝桜渋滞を避けた車が、ばんばんと追い越して行く。
ロングを走った時は、芝川へと宣言したので、芝川へ下る。
しかし、適度なアップダウンと、最後は馬坂。
それでも、こちらの方が良いかな。
午後3時55分着。