修善寺まで走った距離は、84km[E:rain][E:cloud][E:sun]。
ログはなし。
修善寺のもみじを見に行く。
函南駅まで輪行。
富士駅7時34分発(4番線、6番の位置から乗車)、函南駅8時11分着。
駅前には、すでに神奈川組のさくま氏。
と、ski氏。
空は、雲が多い。
ski氏の裏道家業で、次の合流地へ。

Imgp0004
江川邸。
ちょうど、TA氏、ニシナ氏、焼津のM氏とご対面。
立ち話後に、定番の本立寺へ。
雨粒がポツポツ。
銀杏の葉は、かなり落葉済み。

Imgp0005
下に引かれた、ブルーシートが見えないほどで、イエローシートとなっている。
デジカメ撮影していれば、雨音が大きくなり、鐘つき堂で雨宿り。
たわいの無い会話も、そのうちに、いつ止む事無い雨と気温も寒くなり、この先を案ずる。

814_0109541
東電雨量情報。(午前10時0分)
50分ほどで、出発。
何処を選んでも、水はねが飛ぶ路面。

Imgp0011
狩野川沿いで、修善寺を目指す。
やがて路面は、乾いていて、こちらは雨も降ったかどうか。
もみじ公園へは、ニュータウンへの激坂。

Imgp0017 Imgp0021
もみじ公園。

Imgp0029 Imgp0031
坂を下って、修善寺温泉街。
どちらも、何枚もデジカメ撮影したが、2枚づつ。
小腹を満たして、長岡のそば屋へ。
次なる、雨雲を避けながら、高速モード。
そば屋で昼食を済ませば、外も明るい。

814_0113001
東電雨量情報。(午後1時0分)
沼津へ。

Imgp0034 Imgp0035
遠路のお客さんの為に、用意したのは香貫山クライム。
登れば、景色は良い。
私は、堤防で帰還。
皆さんとは、随時お別れ。
夕日に、向かって走る。

Imgp0040 Imgp0043
日没までいると。帰れなくなるので、追い風に乗って急ぐ。
やがて向かい風となるが、千本公園から1時間ほどで帰着となる。
午後4時35分着。