sansinoh

増刊 乗ってら〜

2021

20 11月

11/20 紅葉 田貫湖

晴れ空。
風は吹く。
いくぶん暖かい。
田貫湖へ。
朝9時40分発。
服装は、準冬仕様。
大型車や車が多い。
芝川駅から登り。
P1010425
P1010430
飽きもせず、西山本門寺へ寄る。
車は数台。
それでも今まででは、多い。
柚野からは、陽ざしの当たる道。
国469号は、ダンプが多そうだ。
雌橋を登る気力が出ない。
狩宿を過ぎて、白糸の滝へ。
車が多い。
休暇を使えば、4連休の週末だからか。
P1010437
P1010438
P1010444
滝へは降りずに、展望デッキからのみ。
たていしの自販機で、給水。
正午の路線バス、田貫湖行きが停まった。
その後から、発。
田貫湖から登り坂。
ロードは、軽く登って行く。
P1010451
P1010454
P1010465
田貫湖は南岸。
テントサイトは、満席。
風に吹かれると、枯れ葉が舞う。
P1010468
P1010471
P1010482
田貫湖の紅葉は、これで終わりだね。
帰路は、雌橋へ下りて、下条、西山、芝川駅経由で帰還。
午後2時ちょうど着、64㎞。
17 11月

11/17 本門寺 白糸の滝 たていしの自販機まで

雲が掛かるが晴れ空。
風が吹く。
昨年の11月の行動を振り返ったら、白糸の滝の紅葉が見ごろだった。
そんなわけで、今日は白糸の滝へ。
たていしの自販機までと、同じ。
朝9時40分発。
服装は、準冬仕様。
何故か遅くなる。
松野経由で芝川へ。
前変速は直ったようだ。(詳細は後日)
芝川駅からの登りも、気を使わず。
今日も、西山本門寺へ寄る。
P1010347
P1010353
今年最後だね。
樹齢が長寿だし、樹勢も無くなったので、真黄色にはならない。
国469号の木陰を登り、狩宿へ。
陽ざしが暖かい。
狩宿は素通りで、白糸の滝へ。
駐車場は、3割ぐらいだが人出は多い。
P1010356
定点へ。
カメラマンの三脚が、4台連なっている。
同じ構図の富士山を撮るのか。
肝心な富士山は、雲の中。
P1010369
P1010388
P1010398
下に下りて、紅葉を狙う。
先ほどのカメラマンと話をする。
和歌山から。
何度か来ているようだ。
ただし、今日は駄目だね、
と。
たていしの自販機で給水。
P1010408
自転車入りの画像。
帰路は、雌橋へ下りて、西宮、岩本山経由で帰還。
午後1時25分着、48㎞。

14日の夕方の笠雲。
P1010334

13 11月

11/13 紅葉 富士桜自然公園

晴れ空。
寒い朝。
風は弱い。
今日は、富士桜自然公園の紅葉を見に行こう。
富士桜は、2年ぶりかな。
桜の時期は有名だが、紅葉は知られていない。
朝9時10分発。
今日から、服装は準冬仕様。
ショートカットで、大月線で。
大型車や車が多い。
富士宮駅まで気を使った。
浅間大社でトイレ。
七五三詣で、賑わっている。
大石寺へと目指す。
いつもは、帰還のコースだが、上りのコース。
P1010270
大石寺。
ここからは、狩宿へ。
潤井川沿いの上井出のセブンで補給。
補給を済ませば、気合が出る筈。
富士桜自然公園の入口から、登りへと。
路側帯の路面が悪い。
一息付く。
P1010273
いつもの定点。
牧場は、止めたようだ。
走り始めれば、公園の入口まで行ける。
はずだが、もう一度プチ休憩。
P1010277
富士桜自然公園入口。
ここからも、キツメの坂。
P1010278
見晴らしの、定点。
P1010287
P1010289
雪は少ないが、富士山が綺麗だ。
P1010304
P1010308
P1010312
P1010315
P1010325
公園内の木々は、紅葉が見ごろ。
富士山カメラマンが、決まって撮る定点の、モミジは色が落ちている。
帰路は、下り一直線。
あっという間に、自然公園入口へ。
狩宿、西宮、岩本山経由で帰還。
今日は、向かい風が無い。
午後1時55分着、57㎞。
11 11月

11/11 紅葉 田貫湖

晴れ空。
風が、強い朝。
自転車。
紅葉前線が、下がって来たようなので、田貫湖方面へ。
朝9時35分発。
馬坂や静甲の日陰は、寒さを感じる。
手袋は、長指とした。
もっと気温が下がると、インナー手袋も追加。
芝川駅からの登りでは、風が治まる。
P1010182
西山本門寺の銀杏へ寄る。
P1010185
P1010188
P1010215
本堂側のいちょうの葉は、枯れ落ちている。
鐘楼側は、色づいた。
国469号を登り、狩宿へ。
P1010216
井出邸の周りは、花飾り。
トラス橋を渡り、たていしの自販機へ。
ホット給水。
たかが数分だが、ここで給水タイムを取ると、田貫湖への気合が入る。
田貫湖の登りは、汗はかかない。
P1010254
P1010257
北岸へ。
人が多い。
散策する人や、広場で歓談する団体。
P1010229
P1010237
P1010241
P1010245
P1010263
狸の展望台へ。
紅葉。
帰路へ。
雌橋へ下りて、西宮、岩本山経由で帰還。
向かい風が強かった。
午後1時50分着、59㎞。
5 11月

11/5 13年も乗っていれば 西山本門寺へ

自転車の話。
いつも乗っているJAMISは、13年となる。
フロントギアを裏から見たら、刃先が研ぎ光っている。
調子が悪い原因が、これで無いかと思えて来た。
負荷を掛けての踏み出しで、前ギアがバキバキと唸る。
後日、手持ちのチェーリングと交換してみよう。
直っていないが、とりあえず(怪しく)乗れる状態。
西山本門寺まで、軽く(慎重に)乗って来よう。
芝川駅からの登り坂が、気を使う。
インナーで、ゆっくりと回す。
フロント三枚の真ん中を使うと、調子が悪い。
西山本門寺へは、県道の入口から入る。
勾配が、きつく無いから。
本堂側のイチョウは、黄色くなる前に枯れている。
DSCN5324
DSCN5333
DSCN5336
昨年の本門寺では、鐘楼側は黄色くなっている。
あと10日過ぎれば黄色くなる、
はず。
帰路も、県道へ出て、往路を走って帰還。
2時間ほど、31km。
4 11月

11//4 堤防を走る

昨日のラジオは、松田聖子三昧か、まりや、達朗夫婦か。
どちらも、PCで録音しながら、ラジオからは聖子三昧を流していた。
もちろん聞き流しだが。

3日、薄雲が広がるが、晴れ空。
暖かい。

4日、暖かい。
すじ雲が広がるが、晴れ空。
自転車の変速の調子が悪い。
とりあえず平地は大丈夫なので、走りながら思考しよう。
堤防をみなと公園へ。
DSCN5301
DSCN5303
富士山は雲の中。
西へ、新富士川橋を渡る。
蒲原の海岸線を走り、行ける所まで。
DSCN5311
DSCN5307
この先は、下道へ下りないといけない。
ここで折り返して帰還。
1時間40分ほど、33㎞。
30 10月

10/30 たていしの自販機まで

晴れ空。
寒さを感じるが、平年並み。
風は弱い。
自転車に乗る。
朝9時25分発。
馬坂の下りは、冷えっとする。
幹線道路は、トラック、ダンプ、観光車が多い。
山梨方面へと、走って行く。
芝川の坂を登る。
陽ざしが暖かい。
西山本門寺の銀杏観察。
DSCN5190
DSCN5206
DSCN5219
DSCN5226
さらに、黄色が増えた。
綺麗では無いが。
DSCN5230
日影の道は止めたので、柚野の田んぼ。
DSCN5251
DSCN5261
雌橋から坂を登り、半野の田んぼ。
たていしの自販機で給水。
DSCN5266
帰路は、白糸の田んぼから、狩宿へ下りる。
DSCN5273
さらに下り、大石寺へ。
西宮、岩本山経由で帰還。
向かい風は弱くて、助かった。
午後1時5分着、50㎞。
29 10月

10/29 野田山中腹を走る

朝は風が強かった。
晴れ空。
気温は暖かめ。
外の木々が揺れるので、外に出る気になれず。
昼飯を済ませてから、外に出よう。
陽ざしが暖かい。
午後0時30分発。
クロス車。
新東名から、室野を目指す。
富士川橋を渡り、馬坂を超えて、松野から新東名の高架へ。
キツメの坂。
汗ばむ。
DSCN5115
DSCN5117
新東名。
もう少し、登りが有る。
室野の集落。
DSCN5121
DSCN5126
ここからは、下り。
DSCN5129
DSCN5130
DSCN5137
途中の吉津の展望台。
さらに下り、野田山の登山ルートへ。
給水塔の先からは、工事止めの看板が有る。
林道を広げるようだ。
自転車も通れないかは、分からない。
左に折れて、頑張って登る。
DSCN5140
野田山の尾根沿いのコースの分岐点。
実相院へ下りるが、実相院の建物が無かった。(未確認)
善福寺へ向かう。
DSCN5148
DSCN5174
途中の新幹線展望定点。
だいぶ時間を潰した。
善福寺トンネルを潜り、新蒲原駅へ下りる。
堤防を走り、帰還。
DSCN5182
穏やかな陽射しだった。
午後2時50分着、26㎞。
28 10月

10/28 清水港

ここ数日、暖かくなった。
晴れ空。
風は弱い。
自転車に乗る。
清水港へ。
朝9時25分発。
新富士川橋を渡るが、心配した風は弱い。
国一号高架下を走る。
由比からは、旧道で集落の道。
寺尾の信号機を渡り、興津川へ。
波除板の工事の、下準備が始まっていた。
DSCN5080
興津川の河口。
まぶしい。
興津からは、裏道を湾岸道路の歩道。
DSCN5085
ちきゅうが停泊していた。
歩道は、片側が工事中だった。
DSCN5089
DSCN5091
ドリプラ前の、清水港へ。
平日なので人は少ない。
DSCN5096
DSCN5099
DSCN5104
富士山が出ているので、撮りましょう。
帰路は、駅前のアーケードの中へ。
DSCN5111
清水ヒカリ座。
出待ちの高齢者が、多数居た。
風は弱いが、ペダルが回らない。
暖かい。
午後0時45分着、55㎞。
23 10月

10/23 富士山が見えるので田貫湖まで

22日、朝には雨が止んでいた。
一日中、寒い曇り空だった。

23日、晴れ空。
風が吹く。
気温が低い。
地元新聞に、大鹿窪の案山子の記事が載っていた。
写真からすれば、あそこかと分かる。
朝9時20分発。
インナー2枚。
長ジャージー。
指切り手袋。
軽風除けを後ポケに。
馬坂の下りは、寒い。
冷たい向かい風。
芝川駅からの登りで、市議補欠選挙カーに「後ろからお騒がせしています」と声を掛けられる。
最近の寄り道は、西山本門寺。
DSCN4877
DSCN4884
じゃっかん色づいて来た。
もう少し。
大鹿窪の田んぼへ下りる。
DSCN4906
案山子が見えるが、数名は本物の人間。
DSCN4912
DSCN4917
DSCN4918
DSCN4926
ほとんど立ちんぼだが、こんなのが良いんだよね。
柚野から、木陰の国469号。
ぼちぼち日の当たる道に、した方が良いだろう。
雌橋から登る。
坂の半分ほどで、挨拶を掛けられて追い越された。
少しきつめになったら、お尻を上げて速度を上げて行く。
女子だった。
たていしの自販機で給水。
田貫湖へ向かう。
多くの車が追い越して行く。
DSCN4972
DSCN4979
DSCN4980
DSCN4983
DSCN4989
DSCN4999
田貫湖は、北岸へ。
狸の展望台へ。
富士山の眺めが良い。
遊歩道は回らず、帰路へ。
下条、西山、芝川駅経由で帰還。
キツメの向かい風。
午後1時45分着、60㎞。
プロフィール

sansinoh

三振王
カメラを持ち景色を撮りに、自転車に乗り、歩きます。



Copyright(c)2002/8-2022 sansinoh


3コラム右ブルー

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ